FAQ

ブレーメンプロジェクトとは何ですか?


2014年度、日本では年間約15万頭以上の犬や猫といった動物が保健所などの施設に引き取られ、約10万頭が殺処分されていました(環境省発表)。
これは、1日あたり200頭以上の命が、処分されていたという計算になります。

2016年、殺処分の現状を知ったSEKAI NO OWARIは、いろんな人にお話を聞かせて頂き、疑問に思ったことを質問し、日本における殺処分の現状を「知る」機会に出会いました。

現実で起きていることを知れば知るほど、今まで自分達の音楽で世界は変えられないと思っていたけれど、もしかしたら自分達が動くこと、発信することで、今なら少しくらい何か「きっかけ」を与えられるんじゃないかと思い、メンバーで話し合い、動物殺処分ゼロプロジェクト「ブレーメン」をスタートすることを決定しました。

人が作ったシステムならば、人の力で変えられるのかもしれない。

そんな想いからスタートしたのが、動物殺処分ゼロ活動支援プロジェクト「ブレーメン」です。

活動内容について教えて下さい。


広島にて、犬の殺処分ゼロの活動で実績を示してきた「認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン」様と協力して、保護シェルターや譲渡スペースの建設を目標に支援をしていきます。
また、2016年10月5日(水)に発売されますSEKAI NO OWARIシングルCD「Hey Ho」に収録の楽曲「Hey Ho」から弊社が得られる収益金は、「認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン」様に対して寄付され、動物殺処分ゼロ活動支援のための資金として使わせていただく予定になっております。

※今作における寄付金の計算対象期間は、限定リリース期間である2017年3月末迄と致します。
※収録曲「Hey Ho」から生じる利益に限り寄付に充当致します。
※収録曲「Hey Ho」から当プロジェクトが得られる収益金は、認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン様に対して寄付され、動物殺処分ゼロ活動のための資金として使わせていただく予定になっております。

支援先団体はどのように選ばれたのでしょうか?


「The Dinner」ツアー中、広島公演のあとに、殺処分ゼロの活動に実績がある「認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン」様が運営する広島県神石高原町の犬のシェルター施設を見学させてもらい、現在の日本における殺処分についての現状を聞いたことがきっかけとなります。

寄付をしたいのですが、どのような方法がありますか?


詳しくは「支援する」ページをご参照ください。

収支を教えて下さい。


詳しくは「収支報告」ページをご参照ください。

お問い合わせ


bremen-project@tokyofantasy.net
※お問い合わせに関しまして、全てにご返答出来ない場合がございます。予めご了承下さい。